大企業には、ひかり電話オフィスA(エース)タイプがおすすめ

大企業には、ひかり電話オフィスA(エース)タイプがおすすめ

大企業向けのオフィス光は、というと、「ひかり電話オフィスA(エース)」が代表選手でしょう。

「ひかり電話オフィスタイプ」と同様に、全国どこでも一律で、3分ごとに8.4円の低料金で通話することが可能です。

「ひかり電話オフィスタイプ」と異なる点は、もともとついてくる基本サービスの数が多く、8つもあることです。

基本のサービスに含まれているグループ通話定額を利用して事前にグループ登録をしておくと、事業者間の音声通話が無料となります。
毎日の通話が頻繁な複数の事業所や営業所を持つ企業なら、通信コストの大幅なダウンが見込めますね。

そして、9つのオプションサービスを追加することによって、多彩な利用が可能になります。

「複数チャネル」・「追加番号」のオプションを利用すると、最大で300チャネル7000番号を利用することができるようになります。
まさに大企業向けのサービスと言っていいでしょう。
1チャネル、1番号ずつ増やすことができますから、ニーズに合わせた微妙な調整も可能です。
また、月々の利用料金も、1チャネル、1番号ずつ増えるごとに追加されますから、予算に合わせて検討する必要がありますね。

気になるところの故障時の対応ですが、24時間、日曜・祝日、年末年始を問わず受け付けています。

通信機器の故障は業務に大きな影響を与えるものですから、こうしたサポート体制はとても嬉しいものですね。

    Copyright(C) オフィス光ってホントにお得なのでしょうか? All Rights Reserved.